TOP > 業務コンサルティング>BCM支援

新着情報/トピックス

 

2012年3月30日
このたび、全国中小企業団体中央会殿から補助金「平成23年度中小企業組合等活路開拓事業」の交付を受け、2011年9月より取り組んで参りました 『広域連携による中小企業の事業継続計画(BCP)の策定推進事業立上げに係る調査・研究事業』 が終了し、その成果を『成果報告書』としてまとめました。
詳細はこちらをご覧ください。

 

2011年9月22日
CCKでは、東日本大震災以降、中小企業の広域連携型BCP策定とBCM構築を提唱してまいりました。
その一環として、このたびCCKは、全国中小企業団体中央会より平成23年度中小企業活路開拓調査・実現化事業(中小企業組合等活路開拓事業)の補助金の交付を受け、中小企業の広域連携によるBCP(事業継続計画)策定推進事業の立ち上げと普及支援を図るための調査研究事業を行うことになりました。
詳細はこちらをご覧ください。

 

 

 

事業中断のリスクへの備えは?

 

あなたの会社で次のことが起きたら、経営者であるあなたは、会社をどうしますか?

 

● 突然の停電対策は?

   夏のある日、仕事中、突然停電になりパソコンも照明も使えなくなりました。 携帯電話のニュースサイトによると、電力会社では復旧の目処が立っていないようです。 どうしますか?

 

● 安否確認・緊急連絡の手段は?

   大きな地震の直後、電話も携帯もつながらなくなり、お客様や取引先との連絡が途絶えてしまいました。 外出中の社員や家族の安否も気がかりです。 どうしますか?

 

● サプライチェーンでの供給責任を果たすには?

   地震の影響で工場の製造装置に位置ずれが起き、ラインを止めることになりました。取引先の大手各社に迷惑がかかる前に製造を再開しなければなりません。 そのタイムリミットはいつですか? また、そのタイムリミットを越えるとどんな影響が出ますか?

 

● サプライチェーンでの供給元確保は?

   部品メーカーの火災事故で、発注していた重要なパーツが納入できないとのこと。代わりの業者は簡単には見つからないし、見つかったとしても今から再発注していては大手取引先への納期に間に合いません。 どうしますか?

 

● 新型インフルエンザ対策は?

   新型インフルエンザへの集団感染で、生産ラインの熟練社員のほとんどがしばらく出社できなくなりました。 事実上ラインは停止状態です。 どうしますか?

 

● バイタルレコードの管理は?

   台風の大雨で事務所に床上浸水の危険が迫っています。 ただちに重要な書類やデータを安全な場所に退避しなければなりません。 あなたはどのデータや文書資産が重要か、すぐに区別して持ち出せますか?

 

以上は「不測の事態」のほんの一部に過ぎません。 いずれも、ひょっとするといつ起こってもおかしくない事例をピックアップしたものです。


もし、ほとんど回答らしい回答ができなかった方は、事業中断のリスクにさらされていると言っても過言ではありません。


 

 

キャリア・コンサルタント協同組合(CCK)からの提言

 

● 不測の事態に備えて、企業としてどの様な対応策を考えておいたらよいかを提案しているのが、事業継続マネジメントというシステムです。

 

● 先ず、貴方の企業のリスクにどの様なものがあり、どの様な対処方法が取られているか検討してみてください。 通常では、「そんな余裕がないので、検討していないよ。」が、一般的です。

 

● 不測の事態が発生してから後悔をしても始まらない問題です。 早速、検討を始めませんか。 キャリア・コンサルタント協同組合では、具体的で効果的な導入方法をアドバイスできます。

 

 

 

中小企業の広域連携による事業継続計画の提案

 

● 特に、大企業と違って、中小企業が「個」でできることには自ずと限界があります。 キャリア・コンサルタント協同組合(CCK)では、全国の中小企業様のBCP策定のご支援を行うと共に、事業継続を目的とした中小企業の広域連携の構築のご支援をいたします。

詳細については、こちらをご覧ください>>

 

 

Copyright (C) 2007 CCK. All Rights Reserved.