TOP >外国人技能実習生受入 > 実習スケジュール

1.実習生受入申込書 実習生受入れを決定した段階で当組合へ提出願います。

2.実習生の選抜 組合員企業の業種や実習生の国籍・年齢・男女等の
要望と現地送り出し機関、派遣元機関の特徴を勘案し、組合員企業に
ふさわしい実習生候補者を選抜します。 スケジュールの調整がつけば、
組合員企業自らが現地に赴き、実習生候補者との面接をし、実習生の
決定をしていただきます。当組合担当者が同行いたします。
人選決定を当組合にお任せいただくことも可能ですが、極力組合員企業
が面接の上、決定されることをお勧めします。 現地に行かれる場合、
航空機・宿泊・車・通訳・面接の段取りなど必要な手配はすべて当組合
にて行います。組合員企業には実費負担をお願いします。

3.入国申請書類
外国人実習生を入国させるには、人選終了後、「在留資格認定証明書」
の申請が必要です。必要書類は下記の通りです。

入国申請に必要となる書類
企業概要書
会社案内(2部)
商業・法人登記簿謄本(1通:1ヶ月以内のもの)
決算書のコピー(直近1期分)
労働保険概算・確定保険料申告事業主控(コピー)
生産カレンダー(年間)
不法就労者雇用に関する誓約書
実習引受け保証書
受入機関概要書
実習生処遇概要書


実習生の在留期間において必要な入管手続き関係手続きや各種
手続きのサポートをいたします。必要書類は随時ご連絡いたします。

■ 外国人登録・変更・更新
■在留資格変更許可申請
■在留期間更新許可申請
■再入国許可申請(必要に応じて)等   

Copyright (C) 2007 CCK. All Rights Reserved.